Wednesday, September 20, 2006

1年半ぶりの公式戦 -オータムレガッタ-

一通りのやることやって、レースの朝を迎えました。わたしたちが金曜日からコソ練をしていたことは、何故か各方面全てにバレバレだったようで(^_^;)、色んな人に朝から突っ込まれました。あと、 『久しぶり!』  『オッ帰ってきたね!』  とすごく沢山の人に声かけてもらい、これは本当に本当にうれしいことでした。4年間の広報の仕事は私にとって本当にとても大変なものだったし、その間に色々な事があって意気消沈し、でも乗らなくなっても広報の仕事は続けなくちゃならなかったし、なんだか最後はホントやりきれない気持ちでしたが、みんな、そんなのもちゃんとわかってくれてたのかもしれません。
ジャーン!わたし、テーザーに帰ってきましたヨ \(^o^)/

今朝は曇り空で北東の重めの風が吹いてます。うぅ、もうちょっとマイルドなコンディションでいいんだけど・・・。シュラウド半ピン詰めて、マサこま艇と走り合わせするために早々に出艇。

北東の風12~14kt、ガストで15~16ktって感じ。120kgに満たない我がチームはもちろんフルハイクです。金曜日のコソ練では、ブローでも加速するいい感触を得たのに、きちんと起こせるチームと走り合わせてみるとやっぱりその差は歴然。キ、キビシー!Uさん曰く、ブローが来てもつんのめって加速しない感じ。でもフリー速いヨ!見てろ~!上りはなんとか凌いでくっついて行って、フリーで爆走、これに尽きます。

1レース目、カミからジャストで出たけれど、シモスタート&左海面が伸ばし、私たちは1カミレグから艇団に埋もれてしまいました。引けるもん全部キンキンに引いて鬼ハイク。NJマン、ジョーマホが快走。ここらへんに絡んで行きたいところだけど、ちょっと空回りで着順9位。爆走NJマンなんとOCSのため1つ繰り上がって8位。

2レース目、ゼネリコのスタートでジブ引き遅れてアタマが引っ込んでしまう。Uさんに、アタマを引っ込めてスタートしたら全く意味がない、ゼネリコでもなんでもスタートではカミ艇シモ艇にアタマを並べないとダメ、引っ込んでたら絶対に絶対にダメ、と言われる。ハイ。そのとおりです・・・シュン。
このレースは少し風にむらが出てきてタクティカルな判断がものを言うレース。イラつく陸風のシフトや吹き出しをうまく拾った人の勝ちです。Uさんのコースのおかげでマサこま、ジョーマホに続いて3位でフィニッシュ。 やった!

3レース目、また風があがってきました。後で江ノ島の風速計データを見たら、昼過ぎに20ktオーバーを記録してたので、一番きつかったレースです。いいスタートを切ったのにオーバーパワーでタジタジになっていたところを、ものすごいスピードでマサこま艇にジャバジャバとカミ突破され、さすがにこれはかな~りコタエマシタ。何となく落ち着いて走れずにケアレスミスを連発。カミ艇が居るのにサドンタックしてしまい720度。これで2艇に抜かれて9位。 ふー。

4レース目、風がおちてきたのでチャンス。ゼネリコの後、I旗のスタート。カミが飛び出してたように見えたけどどうかな。ジョーマホ、マサこま、ハルレイと絡んでバトル。葉山軍団でリーディングフリートを固めて走ります。本当に難しい海面だったけど、シフトに合わせてショートタック2本入れたら3位に浮上。ねちっこくねちっこく諦めずに走り、リーチングでジョーマホ抜いて2位に浮上、マサこま艇ははるか前だけど、2位でフィニッシュ。そしたらなんと、マサこま艇OCSのためタナボタの1位!トップ!1番!ん~いい響き。

最終成績は27艇中第3位。Uさん的にどうかはわからないけど、わたしにとっては上出来の成績です。でも上位艇がのきなみOCSで沈んだためです。もちろん結果は結果なので胸を張っていいと思うけど、走り負け感は否めません。ジョーマホ、マサこま、NJマンのボートスピードには感服。
Uさんと色々話し合い、今後の課題は、

 ・タクティカルな部分で会話を増やし考えを共有すること
 ・バランスやトリムなど細かいところの精度を上げていくこと
 ・強風のデパワーとスピードビルド

特に3つ目は今回痛烈に感じたことです。もっともっともっともっと強風の練習をして、盗みまくって、試しまくって、乗りまくらないといけません。体重を増やすのはそう簡単には無理そうだけどガンバル!

まぁわたしは相変わらず役立たずで、良い成績をとっても何の自信も得る事できなかったけど、もう少し前向きになって、図々しく自信を持つこと、あきらめないこと、妥協しないことを肝に銘じなくちゃいけません。スタートに失敗しても、1カミレグで艇団に埋もれてしまっても、混戦から抜け出す粘り強さ、絶対に前に抜け出して行くねちっこさ。こういうのとてもダイジなことだと思いました。

優勝は、葉山のハルレイ艇。おめでとうございます!ハルさんに、私たちの走りがねちっこくて参ったと言われてUさんはまんざらでもなさそう。上手い人はみんなねちっこい走りをする、ねちっこくない人はいい所走っていたのに知らないうちに後ろの艇団に埋もれちゃったりする、からだそうです。

自分を誉めることは一つだけ。この風でレース4つやって、痣だらけ傷だらけ、握力腹筋消耗したけど、体力はまだまだ余裕ありました。今回のは短くて楽チンなコースだし、もっともっと大変なレース今までいっぱいやってきたし、強風のバウマン度胸一発ジャイブや深夜の神子元回航@50ノットに比べればこれくらいはまだまだダイジョブ!あと3レースくらいOK!!
テーザーモードにスイッチ入ってから、かつて泣く子も黙る夜更かし大魔王!だった私がナント毎日キッチリ6時間の睡眠をとって、規則正しく早起きして、5キロ走って、お弁当作って、余裕で出勤してるんだからっ!!!

ダメダメなところはいっぱいあって、課題山積だけど、ベストは尽くし完全燃焼。楽しく充実したレースでした!!


2 comments:

Dad said...

>>これくらいはまだまだダイジョブ!
>>あと3レースくらいOK!!
>>規則正しく早起きして、5キロ走って、
>>お弁当作って、余裕で出勤してるんだ
>>からっ!!!

Su Su Su 素晴らしい!(^^;)

su said...

>Dadさん

そ、その気になりやすいもので…アハハ。
ボリュームつまみはなくて、スイッチON/OFFしかないんですぅー。

ASKちゃんみたいなスーパー完璧主婦目指して、あーんどヨットも。両方ガンバリマス。